学生アングラー釣行記

大分在住の学生アングラーの釣行記
シーバス、チニング、ライトゲームメインでやってます!
時たまタイラバも。

夏風邪で暇なのでルアー紹介

完全に夏風邪にやられてしまってます。

微熱がずっと続ききついです(笑)


今日は自分が使っているルアー。

特に自分が得意としているバイブレーションの釣りとシンペンの釣りでよく使うルアーを紹介しようかなーと思います。


シンペンでは

僕がよく使うのはパンチラインスリム90とマニック95です。


まずはパンチラインスリム。



(画像:キングフィシャーさんより)


このカラーは僕がバチシーズンによく使うカラーです。

村岡さんのカラーらしい?笑

あまり、だれだれカラーみたいなの好きではありませんが、これは良く釣れます。

チヌにも評判がいいらしく、55㎝のチヌも釣ったことがあります。


パンチラインシリーズ、フォール中にお尻ブルブルしながら落ちていくんですけど、それがなかなか効くらしい。



普通のパンチラインはウエイトはスリムモデルよりも8gほど重いのですが、キャストの時に風をうけてクルクル回って飛距離がそれほどでないんですよね〜

その点スリムは細い分、綺麗に飛んでってくれるんですよ。

それでパンチラインスリムの方を僕は好んで使ってます(笑)


さらに僕がスリムの方を推すのは、

普通のパンチラインだと僕がメインとしているフィールドではウエイトがありすぎて、通したいレンジをキープするのが難しく、どうしてもボトム近くをルアーが通ります。


もう少し早巻きをすれば改善できますが、バチシーズンに限ってはできるだけルアーを動かしたくないのでリトリーブスピードは変えがたい要素なんですよね。


まとめると、

飛距離、レンジキープのしやすさ、お尻フリフリフォール、この3点がパンチラインスリム90の特徴ですかね!


僕はバチシーズンによく使うルアーですが、どのシーズンでも使えるルアーだと思います!


パンチラインに限らず、シンペンはオールシーズンいける万能ルアーですから。

特に夏のシーズンはただ早巻きするだけで食ってくることも多い感じがします。

まあ夜限定ですが(笑)




マニック95はパンチラインスリムよりも上のレンジを通したいとき、またパンチラインでは反応がないときに使います。



(画像:キングフィシャーさんより)


僕がよく使う2色。


リトリーブスピードとロッドの操作次第では表層〜表層直下も引けるのでペンシルベイトとしても使えます!

とくに今のシーズンはいいですね。


あと、あのマニックムーブはやっぱり最強です!


パンチラインでは食わないやつもマニックでは食うことも。


主にこの2つを使ってますが、ともに90㎜くらいのサイズなので反応が悪い時はさらにサイズの小さいマニック75や、飛距離を出したいとき、風が強い時はマニック115を使ったりもします。


まあそれでもパンチラインスリム90とマニック95さえあれば大体は事足りてることばかりですね(笑)




次にバイブレーション。

メタルバイブも含んで紹介します。



バイブレーションプラグで一番に使うのはスライス70ですかね。

(画像:キングフィシャーさんより)


このカラーはイワシですがお腹の赤色のところが大好きです。

だれかがお腹のカラーが重要だと言っていましたが、それほんと重要な気がすると思うのでまさに僕好み。

てか、基本的にヤマリアのルアーのカラーリングが好きです。



僕の中でスライスの位置付けは、割とシャローエリアに特化しているバイブレーションです。


先ほども言いましたが僕のメインフィールドはそこまで水深はないところ。

あるところでも150cm〜200cmくらい。


スライスは立ち上がりが早く、スローリトリーブにも十分対応してくれます。

巻いててもバタつきすぎず、疲れも少ないです。


まさに自分の釣りに場にあったルアーです。


ウエイト設定も15gと自分好みです。

ただ、フックがすぐ錆びてしまうんですが、そこは交換でどうにでもなるので良しとしましょう。値段もお手ごろですし(笑)


またワンサイズちっちゃい55㎜もよく使いますが、これは飛距離が出ないんでそこが難点です(笑)



まあ正直なところバイブレーションプラグはスライスだけで僕は十分です。笑


メタルバイブに関しては

冷音14gと鉄PANvib14gをメインに使ってます。

(画像:キングフィシャーさんより)


両方とも同じウエイトですが冷音のほうがデイもナイトもいけて、鉄PANの方はデイが強いかな〜という印象。


鉄PANvibは結構アピール力の強いルアーなので、日中のリアクションバイトを誘うには持ってこいです。

ただ巻き抵抗が割とあるので、疲れがきます。

集中力が長く続かないのが弱点。


それでもシルエットが小さいので、ベイトが小さい時にかなり有利なルアーな気がします!


またスイム姿勢が根掛かりを回避するように作られているので、橋脚周りや根が荒いところを攻めても根掛かりしにくいです。

これは本当に感心するほどです(笑)


あとエビになることも少ないところがいいですね。



冷音は鉄PANvibほどは泳がないので、ナイトで使うことが多いです。

シャローエリアを引くことができて、飛距離も稼げるので、バイブレーションプラグを使う前にこっちを使うこともしばしば。

立ち上がりも鉄PANvibに比べていいです。

ただ、根掛かることが多い(笑)



まあ色々言ってきましたが、どちらも実売価格は1000円を切ると言うのが一番の魅力で、正直メタルバイブはどれを使ってもさほど違いはないのではないかと言うのが持論です(笑)


でもアイマコウメインフィニティだけはだめですよ!!笑

あれはほんとにクソですから!!笑



あ、でも新作のリバーブロウズってやつは使いましたがあれはなかなか良さそうです(笑)




今回はシンペンとバイブについて書きました。

僕みたいにまだシーバスを始めて数年って人もいるかと思いますが、そういった人は今回紹介したルアーはどれも使いやすいので1度試して欲しいものです。


ではでは。


にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。